最近のモバイルWi-Fiインターネット(データ通信)では、下り最大100Mbps超えの超高速通信サービスが各社から登場している。
モバイルデータ通信サービスは、NTTドコモのLTEサービス「Xi」に続いて、ソフトバンクモバイルのTD-LTE互換サービス「SoftBank 4G」とY!mobileの「Y!mobile 4G」、UQ WiMAXの「WiMAX2+」がそれにあたる。3Gよりもデータ伝送速度が大幅に向上され、大容量のデータ転送が可能になるため、外出先でのメールやデータのダウンロードする時間も短縮され、今まで閲覧も大変だった動画も、快適に見ることができるようになっている。

各社ロゴ

工事不要・配線不要

パソコン内蔵型であればパソコンだけで、ルータータイプであれば複数のWi-Fi対応機器をインターネットにつなぐことができる。

#
工事不要・配線不要

ワイヤレスだから、家中どこでも好きな場所で、高速インターネットが利用できる!
引越ししたその日でも手続きしないで、すぐに使えるので、ストレスを感じることもなし!

#
工事不要・配線不要

スマートフォンや携帯ゲーム機でつなぐのも今や常識!動画の再生やアプリのダウンロードもあっという間に完了。近くにいる友達と一緒にゲームもできるので、楽しさも倍増!

#
工事不要・配線不要

仕事で忙しいときも移動中の電車内やタクシーの中など場所を選ばず、どこでも活躍。
公園やカフェなどでちょっと一息しながらも超高速通信で快適にインターネットを利用できる。

#

モバイル通信には、USBタイプ・Wi-Fiルータータイプ・パソコン内蔵タイプ等がありますが、最も人気なのが複数台同時利用が可能なモバイルWi-Fiルータータイプです。モバイルWi-Fiルーターには、機種/サービスによってさまざまな特徴がありますので、自分にぴったりなモバイルWi-Fiルーターを探すことがポイント。

モバイルWi-Fiルーターを選ぶ3つのポイント
速さとエリアカバーエリアの広さと高速通信対応エリア外の場合の速度に注意

ドコモなら「Xi」、auやUQ WiMAXなら「WiMAX」、ソフトバンクなら「SoftBank 4G」、Y!mobileなら「Y!mobile 4G」に対応した機種を選べば、下り最大40~150Mbpsの高速通信が可能。ただしこれらは利用できるエリアが限られるます。大切なポイントは自分が利用したいエリアでちゃんと使えるかどうかです。
通信サービスごとの対応エリアは、各社のホームページ上で確認することができます。必要な速度と場所の掛け合わせをチェックしましょう。

詳細を閉じる ▲
詳細を読む ▼
通信の利用制限(速度制限)頻繁に動画やゲーム等をする人は要注意!
詳細を読む ▼

モバイルWi-Fiルーターでは、各社のデータ通信専用料金プランが利用可能。その多くが完全定額制、または月によって使用頻度に差がある場合にお得な、2段階制となっています。しかし、上限金額が決まっているからとって無制限に使い放題ではなく、例えば「Xi」や「SoftBank 4G」では、データ通信量が7GBを超えると128Kbpsに速度制限されるか、または追加2GBごとに追加料金が発生。「Y!mobile 4G」でも7GBを超えた場合に、同様の速度制限を設けられています。なお「UQ WiMAX」は、今のところこのような通信制限を設けていません。

詳細を閉じる ▲
Wi-Fiルーターの基本スペックチェックしておきたい連続通信時間・重量等のスペック
詳細を読む ▼

モバイルWi-Fiルーターを快適に使用するためには、1日安心して持ち歩ける大容量バッテリーが不可欠。ただしバッテリーが大きくなればなるほど大型化し、携帯性は悪くなります。バッテリー容量ではなく、実際にどのくらい使えるかの目安になる連続待受・通信時間とサイズ・重量のバランスで選ぶようにしましょう。さらに通信をしたい時にいちいち電源をオン/オフしなくても、PCなどの機器からアクセスがあった際、スリープ状態から自動起動する機能が付いていれば、なお良し。連続待受・通信時間とあわせて、こうした機能の有無もチェックしたいところです。

詳細を閉じる ▲

テザリングとは、簡単に説明すればスマートフォンをモバイルルーターとして使用できる機能のこと。この機能を使えば、Wi-Fi環境がない場所でも、パソコンやゲーム機でインターネットを楽しむことが出来る。
但し、2つの問題点があります。

【1】利用制限の問題
通信でテザリングを使い続けると、通信量が制限に達した場合、通信速度を制限されるなど、「利用制限」が行われるので注意が必要である。

→各社の「利用制限」は、こちらを参照

【2】バッテリーの問題
テザリング中は、複数のWi-Fi機器と通信を行っているため、電池消費が大きくなってしまう。長時間テザリングする場合は、外部バッテリーや予備の電池など常に用意をしておくことが必要である。

上手にテザリングを利用すれば、ネット回線のない場所でも長時間使用できるが、常に安定した通信速度と長時間の作業をしたいのならば、Wi-Fiルーターを別に持つ方が快適に楽しむことが出来る。

提供事業者毎にWi-Fiルーターの特徴が異なります。バッテリーの長さ、大きさ、同時接続台数など自分に合ったルーターを選びましょう。

HWD15
【UQ】
NAD11
【UQ】
HW-01F
【docomo】
L-02F
【docomo】
303HW
【Y!mobile】
GL10P
【Y!mobile】
304HW
【Softbank】
301HW
【Softbank】

140g
81g

98g
156g 130g
120g
130g
120g




制限なし
※1

制限なし
※1
制限あり 制限あり 制限あり 制限あり 制限あり 制限あり
申込プランにより異なる(2GB-30GBまで) 毎月のデータ通信量が7GBを超え場合、月末まで通信速度を送受信時最大128kbpsに減速








WiMAX 2+
WiMAX
LTE
WiMAX 2+
WiMAX
Xi
FOMA
Xi
FOMA
AXGP
LTE
3G
AXGP
LTE
3G
AXGP
LTE
3G
AXGP
LTE
3G








手動切替
可能

手動切替可能
手動切替不可
(手動切替ができないため、使いたい回線を選ぶことはできない)









3,696円
3年目以降は4,196円

3,696円
3年目以降は4,196円
4,900円
(2GBプランの場合)
13,900円
(15GBプランの場合)

3,696円
(ずっとお特割適用価格)
※2

3,696円
(ずっとお特割適用価格)
※2

3,696円
(キャンペーン適用価格)
※2

3,696円
(キャンペーンお特割適用価格)
※2



2年間 2年間 2年間 2年間 2年間 2年間 2年間 2年間






19,000円 19,000円 10,260円 10,260円
9,500円

9,500円

9,500円

9,500円
※端末を割賦購入の場合は契約期間によって
1万円から4万円程度の端末代金が上乗せされる場合あり








10.5時間

10.5時間
7時間
13時間
9時間
10時間
9時間
10時間








950時間
500時間 380時間 450時間
700時間

600時間

700時間

600時間
W
i
F
i





10台 10台
10台 10台 10台 10台 10台 10台


















× ×










スマホからリモート操作
タッチパネル
スマホからリモート操作 接続先や省電力の設定もルーター側で簡単に変更
タッチパネル
XiでもWi-Fiでも利用環境にあわせて高速通信
タッチパネル
- タッチパネル - タッチパネル

※1: 通信方式(モード)を自由に選択出来ます。ノーリミットモード=制限無し。ハイスピードモード=課金開始月〜25ヶ月間は制限無し。HWD15のハイスピードプラスエリアモード=毎月のデーター量が7GBを超え場合、月末まで通信速度を送受信時最大128kbpsに減速される。

※2: 通常料金は\6,200円